乳腺センター

百万遍クリニック
乳腺センターがめざす医療

 乳腺外科を受診される方の多くは、乳房に違和感、しこり、痛みがあり、不安になって訪れた患者さんです。
実はこうして訪れる方の原因のほとんどが、”ホルモンバランスの変化”であったり、”良性のしこり”であったりします。
そして「乳がん」でないのが分かると、とても安心されます。
大切なのは、まめに医療機関を訪れ健康管理を続けることです。もし「乳がん」であれば早期発見・早期治療につながります。
わたしたちの願いは、女性の皆さんの不安を少しでも軽くし、乳房と命を守っていくことです。お気軽にご相談ください。

乳腺センター 診療担当医表

医師紹介

杉江 知治(すぎえ ともはる)

昭和 62 年 京都大学医学部 卒業
学位:京都大学博士(医学)平成 9 年
日本乳癌学会専門医・指導医・評議員
マンモグラフィー読影認定医
日本外科学会専門医・指導医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医

沖野 孝(おきの たかし)

昭和 54 年 京都大学医学部 卒業
学位:京都大学博士(医学)平成元年
日本乳癌学会専門医・指導医
日本外科学会専門医・指導医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医

髙田 正泰(たかだ まさひろ)

平成 12 年 北海道大学医学部 卒業
学位:京都大学博士(医学)平成 24 年
日本乳癌学会専門医・指導医
日本外科学会専門医
マンモグラフィ読影認定医

川島 雅央(かわしま まさひろ)

平成 17 年 京都大学医学部 卒業
学位:京都大学博士(医学)平成 26 年
日本乳癌学会認定医
日本外科学会専門医
マンモグラフィ読影認定医

藤井 宏二(ふじい こうじ)

昭和 57 年 関西医科大学 卒業
日本乳癌学会専門医・指導医
マンモグラフィ読影認定医
日本外科学会専門医・指導医
超音波学会指導医

中川 智恵(なかがわ ともえ)

平成 17 年 神戸大学医学部 卒業
東京大学医学部附属病院・がん研有明病院 研修医
平成 19 年 順天堂大学医学部附属病院順天堂医院 乳腺科
平成 29 年 京都大学 大学院 腫瘍生物学講座
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィ読影認定医
日本外科学会専門登録医

波々伯部 絵理(ほほかべ えり)

平成 25 年 京都大学医学部 卒業
平成 27 年 神戸市医療センター中央市民病院乳腺外科
平成 29 年 京都大学医学部附属病院 乳腺外科
平成 30 年 京都大学大学院 医学研究科
日本乳癌学会員
マンモグラフィ続影認定医
日本外科学会員

新藏 信彦(しんくら のぶひこ)

昭和 60年 京都大学医学部 卒業
学位:京都大学博士(医学)平成 10 年
日本外科学会専門医
日本乳癌学会
日本乳房オンコプラスティック学会
日本臨床外科学会
日本胸部外科学会
日本消化器外科学会

仙田 典子(せんだ のりこ)

乳腺・乳がんの
「気になる」
におこたえします

診療Q&A

Q.1

たくさんの先生が担当していますが、どの先生を受診すればよいですか?

A.1

経験豊富な男性医師に加えて、同性の立場で相談しやすい女性医師が担当しています。
武田グループである当院は、京都大学医学部附属病院と連携をとりながら
乳腺分野を専門とする優れた医師が診療にあたっております。

Q.2

予約なしでも診てもらえますか?

A.2

完全予約制はとっておりません。
予約可能な外来枠もありますが、心配なことがあればいつでもご来院いただけるのが当クリニックの良いところです。

Q.3

生理中の受診でも大丈夫ですか?

A.3

気になる症状がある場合はかまいません。
但し、生理中は乳腺が腫っていたりしてマンモグラフィ撮影が痛いかもしれません。乳がん検診としての受診であれば終わってから2~3日後がベストです。

Q.4

男性ですが、心配な症状(しこり・痛み)があります。
乳腺外科といえば女性のイメージがありますが、男性でも受診できますか?

A.4

当院にご相談いただきましたら、診察させていただきます。
乳がんは女性特有のがんと思われがちです。しかし全乳がんの0.5 ~ 1%くらいではありますが男性にも乳がんは発生します。但し、受診者の大半が女性のためお電話いただければ男性医師枠での受診等のご相談をさせていただきます。

Q.5

授乳中ですが心配なことがあります。検査できますか?

A.5

検査を受けることはできます。
乳腺が発達している授乳期には、マンモグラフィ検査は不向きですが、超音波検査が適しています。
授乳中は母乳づまりを「しこり」と感じたり、炎症をおこして発熱したりと不安に思われる方も多いようです。 どうぞ、ご相談下さい。

Q.6

一度、乳がん検診受けてみようかなと思います。
普通の外来受診でよろしいですか?

A.6

外来時間内であればいつでも可能です。
乳がん検診希望の場合は、超音波検査・マンモグラフィ検査(30 歳以上)をします。
上半身を検査着に着替えていただきますので、服装は上・下別れている方が望ましいです。

診察・検査について

Q.1

乳がん検診は痛いですか?

A.1

とても個人差があります。経験豊富な技師が優しく対応させていただくように心がけています。
代表的なマンモグラフィは、乳房を押さえるため、痛みを感じる方もいらっしゃいます。
反対にほとんど痛みを感じない方も少なくなく、とても個人差があります。
当クリニックでは、経験豊富な技師が、患者さんの状態を確認しながら優しく対応させて頂いております。

Q.2

乳がん検診はどのくらいの間隔で受ければよいですか?

A.2

年 1 回の医療機関での検診をおすすめしています。
乳がん早期発見のためには、自分で乳房をチェックする自己検診(毎月 1 回)も大切です。左右の乳房の形・色・ 皮ふのへこみ・乳首のただれや分泌物などがないかをチェックします。加えて医療機関での年 1 回の乳がん検 診が大切です。

Q.3

超音波検査とマンモグラフィと両方必要でしょうか?

A.3

当院では 30 歳以上の方に両方をおすすめしています。
超音波検査は妊娠・授乳中の方、頻繫に検査する必要のある方、乳腺の発達している若年層の方に安心して受け ていただける検査です。
マンモグラフィは乳房専用の X 線撮影で触診や超音波検査で見つけにくい微細な乳房の石灰化を発見すること ができます。
ただ、乳腺が密集している場合(高濃度乳腺)は全体が白っぽく写るので、白い乳腺の中に「しこり」が隠れて しまい発見しにくくなります。2 つの検査を併用することをおすすめしています。

Q.4

結果は当日わかりますか?

A.4

当日結果説明いたします。
「超音波検査」「マンモグラフィ」を当日に施行し結果説明いたします。
但し、追加精査の必要がある場合はご説明をしてから「細胞診」や「組織診(針生検)」を施行します。その結 果がでるのは約 1 週間かかります。ご心配でしょうがおまち下さい。

Q.5

毎年、乳がん検診でひっかかるのですがどうしたらいいでしょうか?

A.5

その場合は乳腺専門クリニックで乳がん検診を受けることをおすすめします。
「しこり」や「陰影」がある場合、検診での良悪判断は困難です。
「要精査」と通知された場合は受診をして良悪判断を明確にしましょう。

Q.6

検査の費用はどのくらいかかりますか?

A.6

検診で要精査の方・何らかの自覚症状のある方(痛み、違和感、分泌物、しこり、気になる、経過観察中等)は 保険適用の対象となります。
触診・超音波検査・マンモグラフィ検査のみの場合
約¥1,200(1 割負担)
約¥3,600(3 割負担)
細胞診や病理組織検査を必要に応じて施行した場合は内容により異なります。

Q.7

他院で撮影したマンモグラフィを持参してもよろしいでしょうか?

A.7

他院の検査画像をお持ちの上、受診される患者さんもおられます。
ただ、医師の判断により当日再度撮影させていただく場合もありますのでご了承お願いいたします。
その場合、身体に与える影響として健康上の問題はありませんので安心して下さい。

症状・その他について

Q.1

胸にしこりがあります。

A.1

しこりの多くは良性です。あまり不安になりすぎず、早めに検査をしましょう。
じゃがいものようにボコボコとしたしこり「葉状腫瘍」や若い女性によく発症する弾力のあるしこり「乳腺線維 腺腫」など乳がんではない良性の「しこり」が多くあります。
とはいえ、そのしこりが良性でなければ大変です。とりわけ乳がんは、早期発見・早期治療が一番大切です。
当院のような乳腺専門の医療機関で、早めに検査をしましょう。

Q.2

子どもですが「しこり」があります。

A.2

お子さんであっても男女関係なく、成長期に伴う乳腺肥大がみとめられます。
ご心配な時は迷わず専門医療機関に相談しましょう。当院でも赤ちゃん含め学童期・中・高生等の受診もありま す。

Q.3

乳がんと診断されました。これからの治療をどうしたらよろしいでしょうか?

A.3

乳がんは早期発見・早期治療により比較的治癒率も高く、治療法も大きく進歩しています。
こわがらずに主治医の先生とよく話し合い治療をすすめて下さい。
安心して治療を受けるには、周り(医師・看護師)との十分なコミュニケーションをはかることが大切です。
一人で悩まずに周囲には力添えできる人がたくさんいます。

Q.4

乳がんの手術をすでに受けています。治療等についてのお話を聞く事はできますか?

A.4

セカンドオピニオンは設けておりません。
外来診療枠でよろしければお話はさせていただきます。
まずはお電話にてその旨をお聞かせいただき、受診していただく外来枠を当方からお返事させていただきます。

Q.5

家族に乳がんを発症した人がいます。遺伝ってありますか?

A.5

乳がん・卵巣がんに遺伝学的検査がおこなわれるようになり、生涯の発症リスクを知ることが可能になりました。
この検査は受けられる施設も限定され、また費用も高額です。受けるか否かはあくまでもご本人しだいです。遺 伝子異常がみつかった場合、必ず発症するか・発症するとしたら何歳ぐらいかといったところまではわかりませ ん。また、今のところ予防切除は公的医療保険の対象外ですので、費用の面からみても相当の負担になります。
この検査をご希望の方は、精神面でのサポート含め診療体制の確立した医療機関でのご相談をおすすめします。
ただ気にとめてしっかり検診を受けておこうという気持ちは大切です。